• ホーム
  • ケアプロストで二重になる可能性がある?

ケアプロストで二重になる可能性がある?

2019年08月04日
きれいな目元

まつ毛を長く・太く・濃くする効果がある、「ケアプロスト」は医薬品のまつ毛美容液です。
医薬品ですので効果・効能は認められており、貧弱なまつ毛でもボリューム感をアップできます。
しかも、ケアプロストは巷で「使っていると二重になった!」という声も多いようです。
本当にケアプロストを使って二重まぶたになるのか、そしてどうして二重になるのか原因を探ってみましょう。

実はケアプロストでまつ毛をケアすることによって、二重になる可能性はあります。
有効成分として配合されている、ビマトプロストに秘密が隠されているようです。
ビマトプロストは元々、緑内障患者の治療に使われてきた、点眼薬に処方されていた成分です。
緑内障の治療では眼圧を下げる必要があります。

ビマトプロストは眼圧を低下させる働きがあるのですが、この作用によって二重になる可能性があると考えられます。
まぶたのむくみは目元を腫れぼったくし、二重のラインを隠してしまうことも少なくありません。
むくみを解消することができれば、目元の印象も大きく変わります。
ビマトプロストによって眼圧が下がると、まぶたの緊張がほぐれて柔らかくなり結果、むくみを解消することが可能です。
まぶたのむくみが無くなれば、二重のラインがつきやすい状態となり一重や奥二重の人も、パッチリとした二重まぶたになれる可能性が高いです。

さらに、ビマトプロストには眼周囲痩せや、眼瞼溝深化という副作用が起こるリスクもあるのですが、このような副作用が原因で二重になるとも言われています。
目の周りの脂肪が無くなるのも、むくみ同様まぶたをスッキリさせる効果が期待できます。
眼瞼溝深化はまぶたが窪んでしまう副作用です。
窪んだ部分が丁度、二重のラインのように見えるケースがあります。
まつ毛のボリュームアップだけでなく、二重になれる可能性もあるケアプロストは、目元の印象を大きく変えることができるまつ毛美容液です。
目元の印象が薄い・・と悩んでいる人は、ケアプロストを上手く活用して、コンプレックスを解消してみてはいかがでしょう。

ケアプロストの使用時の注意点

短い・少ないといったまつ毛の悩みを解消するだけでなく、場合によっては二重まぶたにもなれるケアプロストは、手放せないまつ毛育毛剤として人気を集めています。
ただ、ケアプロストは医薬品ですので、副作用も気にして使用しなければいけません。
ケアプロストでケアする場合、どのような点に注意すれば良いのか事前に、情報を集めておくことをおすすめします。

早くまつ毛を伸ばしたいという場合、1日に何回もケアプロストを塗りたいと思ってしまいがちですが、使用は1日1回と決まっています。
何度も塗ってしまうと、副作用が起こるリスクが高まるので注意が必要です。
ケアするタイミングはアイメイクを落とした、クレンジング後がベストと言われています。
アイメイクが残った状態でケアプロストを塗っても、有効成分のビマトプロストが毛根に浸透しにくくなってしまうためです。
より効果を高めるためにも、クレンジング後に使用しましょう。
ケアプロストは専用のアプリケーターなどを使い、まつ毛の際に塗るのもポイントです。
まつ毛全体に塗るのではなく、根元にアイラインを引くような感覚で塗りましょう。

ビマトプロストは皮膚に付着してしまうと、色素沈着を起こすという副作用があります。
まつ毛全体に塗ってしまうと、まぶたに液が付着し色素沈着を起こすリスクが高まるため、あくまで根本に塗るのがコツです。
何回も塗り重ねるのではなく片目で1滴ずつにすることも、ケアプロストを使用するときに注意したい点です。
そして、液が目の中に入らないようにします。
ケアプロストは眼圧を低下させる作用があるため、目に入らないよう細心の注意を払って使いましょう。
このように、いくつか注意したいポイントはあるものの、コツさえ覚えれば簡単にケアできるようになります。
毎日、使用することで効果を発揮するものなので、使い続けてコツを覚えましょう。

関連記事
ヒトプラセンタの使用方法と安全性

ヒトプラセンタは、様々な作用があることが解っていますが、これは核酸や成長因子が含まれているためです。核酸は新陳代謝を調整してこの働きが肌や体の体調に好い影響を与えて、成長因子はアンチエイジング効果も期待出来ます。ビタミン類やヒアルロン酸も含んでいてコラーゲンを作り出すのを助けてくれます。コラーゲンを

2019年09月29日
ケアプロストとルミガンの違い

美人と言われる条件として、まつ毛の長さが挙げられます。まつ毛が長いとパッチリとした目元になるため、美人の条件の1つと言われているようです。特に目は第一印象を左右する、重要なパーツとも言われています。美人になるためには長いまつ毛をキープすることが大切です。ただ、まつ毛が短い・少ないというコンプレックス

2019年07月05日
トレチノインの正しい使い方

美肌を目指す上で、エイジングサインをできるだけ改善することは大事です。特に気になるエイジングサインは、シミやしわ、そしてたるみです。これらの症状は加齢とともにどうしても出てきてしまうサインでもありますが、綺麗になりたい方は美容外科クリニックで行う大掛かりな手術やプチ整形で注射を打つと言った事をせずと

2019年08月21日
ニキビ治療薬にはアダフェリンがオススメ

アダフェリンはアダパレンが有効成分で、身体の吹き出物などの治療薬です。主にニキビの治療として処方されていて、アルコールや油分を含まないジェル状の外用薬になっています。肌につけてもベタつかないので使いやすく、幅広い世代の人が利用しています。アダフェリンは顔の皮脂の塊などを抜き取ることができ、炎症を抑え

2019年09月10日
ルミガンの効果とその使い方

まつげを太く・長く・濃くする美容液として、アメリカ食品医薬品局にも承認されているのがルミガンです。有効成分のビマトプロストは、もともと緑内障の治療薬でしたが、まつげが伸びるという予想外の効果が確認され、まつげ専用美容液として使われるようになりました。臨床実験の結果、まつげの太さ・長さ・密度のいずれも

2019年07月20日