• ホーム
  • トレチノインの正しい使い方

トレチノインの正しい使い方

2019年08月21日
きれいなまつげ

美肌を目指す上で、エイジングサインをできるだけ改善することは大事です。
特に気になるエイジングサインは、シミやしわ、そしてたるみです。
これらの症状は加齢とともにどうしても出てきてしまうサインでもありますが、綺麗になりたい方は美容外科クリニックで行う大掛かりな手術やプチ整形で注射を打つと言った事をせずとも、塗り薬だけでも対策をすることが出来ます。
美容皮膚科などで処方してもらえる薬にトレチノインというものが有ります。
この薬は、お肌のターンオーバーに働きかける事が出来ます。
ターンオーバーとはお肌の新陳代謝のことで、周期的に新しい皮膚に生まれかわる働きのことですが、加齢とともにこのタイミングが乱れてきます。
そうなると、紫外線などを浴びて発生したシミの元でもあるメラニン色素が蓄積されて古い角質もたまりますので、排出されずにシミとなって出てきます。

美白ケアを行うためには、透明感のあるシミのないお肌にする必要があり、このトレチノインを使ってターンオーバーの働きを高めてあげる事が効果的です。
トレチノインはさらに、コラーゲンの生成を促す働きもあります。
お肌のコラーゲンは細胞同士をつなぎとめる役割がありますが、30歳後半ごろからどんどん減少します。
コラーゲンが不足する事によって保湿力が低下し、化粧水を付けても浸透しづらく乾燥肌になっていきます。
乾燥はしわが出来る原因になるだけではなく、バリア機能の低下にもつながりますので、紫外線の影響も受けやすくなり、シミの数が増えるという事にも影響が出てきます。

綺麗になりたい方は、トレチノインを使って美肌を目指していきましょう。
ターンオーバーに作用することで美白ケアもできますし、コラーゲンも増やして弾力のあるお肌を目指す事ができます。
ドラッグストアなどでは売られていないので、美容皮膚科などの医療機関で処方してもらいましょう。
また、美白効果を高めるためには、ハイドロキノンというクリームも使うと効果が高まります。

トレチノインとハイドロキノンを併用すると効果大?!

トレチノインはターンオーバーに働きかける事が出来るため、年齢とともにタイミングがずれて古い角質や過剰に受けた紫外線によるメラニン色素も蓄積されてしまうというデメリットを予防することが出来ます。
ターンオーバーが正常に行われる事によって、常に新しい皮膚に生まれ変わることが出来るので、美肌にはメリットが非常に大きいと言えます。
美白のためには美白化粧品も有効です。
メラニン色素を抑制することが出来るので、シミを予防するという事に作用します。
しかしできてしまったものに対しては効力は弱く、漂白作用のあるハイドロキノンクリームを使う事をおすすめします。

ハイドロキノンは使用上の注意もあります。
まずハイドロキノンはシミを漂白する作用が有りますが、酸化しやすいという特性があるため、お肌につけてから紫外線を浴びる事で光毒性によって変質して有害な成分になります。
ハイドロキノンを付けて紫外線を浴びると、白斑が出来てしまうことが有るので要注意です。
そのため日中外出する前には使わずに、夜のお手入れの最後でのみつかうようにします。

勿論日中出かけるときにも日焼け止めを使ったり、紫外線対策を行う事は重要です。
トレチノインでターンオーバーをしている時には過剰に反応して皮がむけたりすることが有りますが、その期間が終わればお肌はゆで卵を剥いた時のようなつるつるすべすべのお肌になります。
そこでハイドロキノンの漂白作用を使えばシミも薄く消していく事が出来ます。

ハイドロキノンの濃度は美容皮膚科でも何種類か用意されている事が多いので、最初は濃度の低い物から医師の指導の元使用していくようにしましょう。
また全体的につけると白斑になりやすいので、シミの部分だけに使用するようにします。

関連記事
レーザー治療はどんな治療法なのか?

セルフケアでシミの治療が困難な場合、レーザー治療も検討してみましょう。シミのレーザー治療といえば、「Qスイッチルビーレーザー」と呼ばれるレーザー治療機器が有名で、一般的なシミ(老人性の色素斑)とアザの治療に適しています。セルフケアでは治療が困難であるシミの場合でも、一般的なシミ(老人性の色素斑)であ

2019年10月27日
ヒトプラセンタの使用方法と安全性

ヒトプラセンタは、様々な作用があることが解っていますが、これは核酸や成長因子が含まれているためです。核酸は新陳代謝を調整してこの働きが肌や体の体調に好い影響を与えて、成長因子はアンチエイジング効果も期待出来ます。ビタミン類やヒアルロン酸も含んでいてコラーゲンを作り出すのを助けてくれます。コラーゲンを

2019年09月29日
ケアプロストとルミガンの違い

美人と言われる条件として、まつ毛の長さが挙げられます。まつ毛が長いとパッチリとした目元になるため、美人の条件の1つと言われているようです。特に目は第一印象を左右する、重要なパーツとも言われています。美人になるためには長いまつ毛をキープすることが大切です。ただ、まつ毛が短い・少ないというコンプレックス

2019年07月05日
ニキビ治療薬にはアダフェリンがオススメ

アダフェリンはアダパレンが有効成分で、身体の吹き出物などの治療薬です。主にニキビの治療として処方されていて、アルコールや油分を含まないジェル状の外用薬になっています。肌につけてもベタつかないので使いやすく、幅広い世代の人が利用しています。アダフェリンは顔の皮脂の塊などを抜き取ることができ、炎症を抑え

2019年09月10日
ケアプロストで二重になる可能性がある?

まつ毛を長く・太く・濃くする効果がある、「ケアプロスト」は医薬品のまつ毛美容液です。医薬品ですので効果・効能は認められており、貧弱なまつ毛でもボリューム感をアップできます。しかも、ケアプロストは巷で「使っていると二重になった!」という声も多いようです。本当にケアプロストを使って二重まぶたになるのか、

2019年08月04日
ルミガンの効果とその使い方

まつげを太く・長く・濃くする美容液として、アメリカ食品医薬品局にも承認されているのがルミガンです。有効成分のビマトプロストは、もともと緑内障の治療薬でしたが、まつげが伸びるという予想外の効果が確認され、まつげ専用美容液として使われるようになりました。臨床実験の結果、まつげの太さ・長さ・密度のいずれも

2019年07月20日